ブログ

株価算定

裁判例におけるディスカウント・キャッシュ・フロー法(DCF法)について

会社の株式の価値を評価する方法は、一概に決められるわけではなく、裁判で争われることもあります。今回は、裁判の事例で採択…

地裁では純資産価額方式、高裁ではDCF法と純資産価額方式の折衷となった裁判例(旧HP社案件)について(-2)

前回に続き、シリーズでお送りしております。株価算定が争点となった裁判例から、旧HP社案件を見てみましょう。前回は、案件…

地裁では純資産価額方式、高裁ではDCF法と純資産価額方式の折衷となった裁判例(旧HP社案件)について(-1)

会社の株式の価値の評価方法には多くの種類があります。株価算定を必要とする目的や背景が個々の状況によって異なりますし、評…

約650億円の損失を招いた株価算定の裁判例(旧TH社案件) その3

株価算定が争点となった裁判例として、旧TH社案件をシリーズでご紹介しています。前回は、買い手側である旧TH社の主張とそ…

約650億円の損失を招いた株価算定の裁判例(旧TH社案件) その2

株価算定が争点となった裁判例の中から、旧TH社案件を取り上げ、シリーズでご紹介しています。前回は、案件の概略と、売り手…

約650億円の損失を招いた株価算定の裁判例(旧TH社案件) その3株価算定の裁判例(旧TH社案件) その1

株価算定が争点となった裁判例は非常に多くありますが、それぞれの立場で複雑な思惑が絡んだケースとして、旧TH社案件があり…

少数株主の立場は?非上場会社の株価算定の裁判例(旧MKS社案件)

非上場会社の株式は、主に会社の経営に支配力を持つ支配株主と、それ以外の少数株主で構成されています。支配株主が株式の買い…

株価算定手法の選び方~株価算定の裁判例(旧MYJ社案件)

株価算定の手法は複数あり、算定をする目的や状況によって、適切な手法が異なります。裁判所は、どのような点を考慮して株価算…

複数手法を併用する際の割合は?株価算定の裁判例(旧SG社案件)

非上場会社の企業価値を評価する際、複数の株価算定手法が併用されることがあります。しかし、複数の手法を用いる場合、評価に…

合理的な手法を選ぶには?株価算定の裁判例(旧KS社案件)

株価算定には多くの手法がありますが、一つの手法だけでは合理性に欠けるとして、複数の手法が用いられるケースもあります。非…

さらに記事を表示する
PAGE TOP