ブログ

株価算定

株価算定の裁判例(旧S社案件)について

会社の株式の価値の評価方法には多くの種類があります。株価算定を必要とする目的や背景が個々の状況によって異なりますし、評…

株価算定の裁判例(旧DC社案件)について

会社の株式の価値の評価方法には多くの種類があります。株価算定を必要とする目的や背景が個々の状況によって異なりますし、評…

株価算定の裁判例(旧R社案件)について

会社の株式の価値の評価方法には多くの種類があります。株価算定を必要とする目的や背景が個々の状況によって異なりますし、評…

株価算定の裁判例(旧D社案件)について

会社の株式の価値の評価方法には多くの種類があります。株価算定を必要とする目的や背景が個々の状況によって異なりますし、評…

株価算定の裁判例(旧K社案件)について

会社の株式の価値の評価方法には多くの種類があります。株価算定を必要とする目的や背景が個々の状況によって異なりますし、評…

M&Aにおける株価算定と財務デューディリジェンス(財務DD)について

M&Aを進める際に、株価算定と財務デューディリジェンス(財務DD)を専門家に依頼する場合があります。株価算定と…

【株価算定事例】 経営状態が安定しているが重要な含み損益もある企業の評価

M&Aや事業承継、株価に関する裁判や係争問題、経営戦略の検討など、重要な場面で株価算定が行われることがあります…

株価算定におけるプレミアムやディスカウントについて

株価算定の案件によっては、対象会社の株式保有割合や支配権の有無を考慮したり、対象会社の株式の流動性を考慮することによっ…

株価算定の方法 ディスカウント・キャッシュ・フロー法(DCF法)について

今回は、ディスカウント・キャッシュ・フロー法(以下、DCF法)について、どのような評価方法で、どのような場合に利用され…

非上場会社の株価算定において、自社株の評価額が下がる場合とそのメリット

非上場会社の自社株の株価算定において、どのような場合に自社株の評価額が下がるのでしょうか。また、自社株の評価額が下がる…

さらに記事を表示する
PAGE TOP